和食から学べばもっと調理が得意になれる!

お浸しの調理手順については各人各様でしょう。ですが、基礎に忠実な料理法を知っておくのも良いでしょう。出汁の他にみりん、そして醤油といった素材に浸してから食すのが元来の料理法です。ただ、醤油と合わせるのみの浸しものを作るのも一般的です。

魚の煮付けを拵える時にはお魚の霜降による下準備が肝心ですが、何故かと言えばホウレンソウ等、浸しものを拵える際に野菜に合わせる調味液の事を浸し地と言います。作り手で入れる調味料や量等に差があるものですから、お好みな味つけを見つけてください。原材料に関しては茹でた後は念入りに水を取り除く様に心掛けてください。

浸し物に使われるベーシックな素材を挙げますと小松菜やホウレンソウですが、他にも意表をつく素材が合うこともあるでしょう。例えばカブの葉ですとかニラ、またはブロッコリー等も美味しく出来る材料なので、料理のレパートリーへ加える便利なものでしょう。

覚えておくといいですよ!